スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
【遊戯王OCG】コンセプトデュエル キャラ別考察 前編
2014-04-21 Mon 21:53
遊戯王OCGの非公認イベント。コンセプトデュエルの考察です。今日はその前編。

詳しくはこちら

簡単に言うと
・アニメ登場キャラのコンセプトに合ったデッキを使う
・それに伴ってキャラごとに制限がある

といったものです。そのキャラ別考察です。

かなり僕の主観に頼るところがあるのはご了承ください。あくまで1意見として
武藤遊戯A
条件:「『ブラック・マジシャン』『暗黒騎士ガイア』に関するカード」『クリボー』『カオス・ソルジャー』『オシリスの天空竜』をメインデッキで合計10枚以上使用

正直きつい。『ブラック・マジシャンに関するカード』となっていて、公式からもあえて表現を緩くしている とあるので、ブラック・マジシャン、ブラック・マジシャン・ガールを軸にするといいかもしれない。5月のコレクターズパックでティマイオスの眼が収録されるので、EXにそれ関連を入れるとロマンが広がるかも


武藤遊戯B
条件:「<磁石の戦士>と名のつくカード」『キングス・ナイト』『ジャックス・ナイト』『クイーンズ・ナイト』をメインデッキで合計8枚以上使用

Aよりもきつい。要は絵札の三銃士デッキかマグネットデッキにしろってことでしょうか。マグネットのほうはレスキュー・ラビットやサモン・プリーストなどによるサポートがある分まだましなのだろうか


海馬瀬戸
条件:「『青眼の白龍』『XYZ-ドラゴン・キャノン』に関するカード」『オベリスクの巨神兵』をメインデッキで合計10枚以上使用

かなり緩い制限。青眼の白龍3枚、青き眼の乙女3枚、伝説の白石3枚で9枚なので、それに適当にカイバーマンでもぶち込んでおけばわりと簡単に条件を満たせる。
要は今環境にいる青眼征竜に近い構成ができるので、コンセプトデュエルでも間違いなく環境上位だと思う。


城之内克也
条件:『真紅眼の黒竜』『人造人間-サイコ・ショッカー』『スケープ・ゴート』「サイコロ・コインを使用するカード」をメインデッキで合計8枚以上使用

レダメのほうではなくバニラのレッドアイズそのものが条件なのでなかなか難しそう。サイコショッカー軸にして、サイコロやコインを使うカードで条件を満たすのはわりと楽そうではある。
候補としては スナイプストーカー、サイコロン、天使のサイコロ、悪魔のサイコロなどか


ペガサス
条件:<トゥーン>と名のつくカード」をメインデッキで合計10枚以上使用

10枚縛りであるが、トゥーンに特化しなくても作れなくもない。
トゥーン・ヂェミナイ・エルフ。トゥーン・ブラック・マジシャン・ガール。トゥーンのもくじ。トゥーン・ワールドなどを軸に魔法使いで固めるか、トゥーン・キャノン・ソルジャーなどトゥーン・ワールドがなくても出せるモンスターを軸にするかの2択になりそう


孔雀舞
条件:「<ハーピィ><アマゾネス>と名のつくカード」をメインデッキで合計15枚以上使用

かなり緩い条件。そもそもハーピィのカテゴリはエクシーズ期にかなり強化されたため、今使えるデッキをほぼそのまま使える。
チャネラー、ダンサー、クイーン、狩場、ハーピィ・レディ1、デブリ・ドラゴンで釣れるハーピィガールなど15枚は簡単に満たせる。テンペストを入れられるのも◎


マリク
条件:「効果ダメージに関するカード」をメインデッキで15枚以上使用(うち『溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム』『拷問車輪』を各3枚『ラーの翼神竜』を1枚必須)

15枚も制限があるのにそもそも7枚が採用が決まっている。しかもラーの翼神竜はバーン効果がないのであと9枚バーン効果のあるカードを入れないといけない。
魔法の筒を用いたり、ロックカードとラヴァ・ゴーレムを生かしてヴォルカニック・バーンなどにすればいいのだろうか(迷走)


バクラ
条件:『ウィジャ盤』「<死のメッセージ>と名のつくカード」をメインデッキで合計5枚以上使用

ウィジャ盤でがんばる(投げやり)


遊城十代
条件:「<E・HERO>と名のつくカード」をメインデッキで5種類以上合計10枚以上使用(エクシーズモンスターは使用不可)

一見ゆるい制限に見えるが、環境にいるヒロビはヒーローモンスターがせいぜい3種類の5枚しかいないため(エアーマン1、アナザーネオス3、バブルマン1)、組み方を大きく変えなければいけなくなりそう。候補としてはプリズマーやオーシャン、シャドー・ミストなどだろうか。
エクシーズ使用禁止は融合メインに組みなおせば大した問題にはならなそう


丸藤亮
条件:「<サイバー>と名のつくカード」をメインデッキで合計10枚以上使用

かなり緩い条件。サイバーで組めばサイバードラゴンを筆頭に、サイバードラゴンコア、サイバーリペアプラントなど優秀なカードが多いので簡単に条件は満たせる。
また、EXの制限がないので、このデッキはプレアデスなどもバンバン展開できる。
タンホイザーゲートなどを使ってランク7を出しても面白いかもしれない




ヨハン
条件:「<宝玉>と名のつくカード」をメインデッキで合計15枚以上使用

ヨハンデッキはエクシーズモンスターの登場により、ランク3、4を出すことに特化すればかなり戦える印象。
サファイアペガサスで宝玉をためてから大量展開を狙えばいい感じに回るはず。



エド・フェニックス
条件:「<D-HERO>と名のつくカード」をメインデッキで合計8枚以上使用

ディスクガイ、ディアボリックガイ、デステニードローの規制によりかなり厳しいイメージ。
戦うならDragoon D-ENDなどでロマンを求めてもいいかも((


万丈目準
条件:「<おジャマ>と名のつくカード」をメインデッキで合計10枚以上使用

完全におじゃ万丈目になってしまった。
おじゃまモンスターはデブリドラゴンに対応していたり、子狸ぽんぽこ等と同じ★2獣族なので、ランク2エクシーズなどを軸にすると戦えそう


ユベル
条件:「<ユベル>と名のつくカード」をメインデッキで3種類以上合計5枚以上使用

ユベルと名のつくカードは3種類しか存在しないので、実質ユベルデッキとなる。
枚数は3,1,1もしくは2,2,1が妥当か。
ユベルはレベル10なのでリミットリバースなどからグスタフマックスへの展開もできる。
また、ユベルを使ってレベルスティーラーを大量展開することでランク1軸デッキのような戦い方も一応できる


不動遊星
条件:「<ジャンク><シンクロン><ウォリアー>と名のつくカード」をメイン・エクストラデッキ合わせて8種類以上使用

かなり緩い条件。ジャンク・シンクロン、ドッペル・ウォリアー、クイック・シンクロン、ジャンク・デストロイヤー、ドリル・ウォリアー、アンノウン・シンクロン、フォーミュラ・シンクロン、ジャンク・ウォリアーなどで簡単に満たせ、実質ジャンドデッキがそのまま組める。
EXにも制限がないため、ライブラリアンやクェーサードラゴンなどおなじみのカードも採用できる



ジャック・アトラス
条件:「<リゾネーター>と名のつくカード」をメインデッキで合計5枚以上使用かつ、エクストラデッキに『レッド・デーモンズ・ドラゴン』『スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン』を1枚以上使用

リゾネータ―はどれか1~2種類+コールリゾネータ―で条件を満たせる。EXの2体を出すためにチューナーのレベルを調整すればわりと自由度が高いデッキになりそう。


クロウ・ホーガン
条件:「<BF>と名のつくカード」をメイン・エクストラデッキ合わせて8種類以上使用

ゲイル・シュラ・カルート・ブラスト・ブリザード・ゼビュロス・コチ・アーマードウィング・アームズウィングなどで条件は満たせる。

わりと自由にBFが組めるので、BFそのままの強さが出せる。
EXも制限が緩いのでランク4やレベル6~9などを中心に頑張ってくれそう


十六夜アキ
条件:「植物族」モンスターをメインデッキで合計10枚以上使用(うち「<薔薇><ローズ>と名のつく」カードは合計5枚以上必須)かつ、エクストラデッキに『ブラック・ローズ・ドラゴン』『スターダスト・ドラゴン』1枚以上使用

ローズ・薔薇を満たすカードの中で有用そうなのは、ナチュル・ローズウィップ、コアキメイル・グラヴィローズ、ローズ・バード、ブルーローズ・ドラゴン、ヒーローズルール2あたりか。
植物族にはローンファイアやダンディ、スポーアなど優秀なモンスターも多いため、制限にはあまり困らなそう。



長くなりましたが前編はこのへんで。後編は明日にでも



スポンサーサイト
別窓 | 遊戯王OCG | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<【遊戯王OCG】コンセプトデュエル キャラ別考察 後編 | HOME | 【遊戯王】最近よく見る臭いモンスターキャラランク>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。